フローリングの補修方法は

近頃の住宅は和室よりも洋室が増えて、中には一部屋も和室の無い住宅もあるようです。
洋室が増えてきたので床の仕上げ材はフローリング張りが増えて、その維持管理に戸惑っている人も多い事でしょう。
そこでフローリングの補修方法について考えてみましょう。

フローリングの補修で最も多いものは、机や椅子等を引きずって、ひっかき傷みたいな傷のつく場合が多いです。


それと重たいテーブルを同じ場所に長期間置いたために、移動したら足のあった部分がへこんでいる場合もあるのです。

ひっかき傷のような細い傷は、同色の修正液を塗ると目立たなくなります。


修正液の無い場合はホームセンターに行くと、様々な色の修正液があるので最も近い色の材料を購入して補修すると良いでしょう。

またフローリングのわずかなへこみの場合は、熱湯を注ぐと元に戻る事があります。ひび割れなどは小さな場合は木材用の接着剤を流し込んで、接着剤がはみ出たら床と平滑に削っておくと良いでしょう。



ひび割れが大きい時は床材と同材をひび割れに合わせて削って、接着剤を付けて埋め木をして、完全に接着したら床と平滑になる様に削り取りましょう。
ある程度の長さで1枚分を取り換える場合は、既存のフローリングがほぞ差しになっているので注意して取り外しましょう。


新しい材料は元の様にほぞ差しにするのは難しいので、差し込みのほぞは削り取って接着剤と隠し釘を併用して補修をしましょう。

朝日新聞デジタル情報が様々な条件で検索可能です。

後々の事を考えると新築時に使用した床材を補修用に余分にもらっておくようにしましょう。



関連リンク

  • 普段、傷つかないように注意しているつもりでも、物を落としてしまったり、子どもが家具を引きずったりして知らず知らずのうちについてしまうフローリングの傷。自分でやるにはどうにもならないくらい広い範囲に傷がついてしまっている場合や、深くえぐれていて自分でなおせる気がしないような場合以外なら、自分でフローリングの修理を行うのも選択肢の一つです。...

  • 水回りやよく使う場所を中心にフローリングを修理することが必要になる場合があります。特にシロアリなどの虫の害が生じたり、湿気を帯びやすくよく使うところで踏むと沈み込んだり音がしたりするようになります。...