フローリングを修理するときのポイント

普段、傷つかないように注意しているつもりでも、物を落としてしまったり、子どもが家具を引きずったりして知らず知らずのうちについてしまうフローリングの傷。

自分でやるにはどうにもならないくらい広い範囲に傷がついてしまっている場合や、深くえぐれていて自分でなおせる気がしないような場合以外なら、自分でフローリングの修理を行うのも選択肢の一つです。



フローリングの修理というと、張り替えや塗装など大掛かりな作業を連想するかもしれませんが、今ではホームセンターなどで必要な道具をそろえることができますし、必要な道具や塗料がすべてそろった「補修キット」なるものも1000円程度で発売されています。

特徴のある朝日新聞デジタル関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

自分でフローリングの修理を行うと決めたら、次に修理の方法を決めましょう。

これには、大きく分けてシールを張る方法とパテで傷を埋めて塗装をする方法があります。シールを張るだけの方法はだれでも簡単にできるのがメリットですが、シールの色がフローリングとマッチしないとシールを張った場所が目立ってしまうデメリットがあります。

一方、パテで傷を埋めて塗装する方法は、パテで凹凸をなくしたうえで傷の部分だけ塗装するのでシールに比べて修理の後が目立たないというメリットがあります。

東京の浴室のリフォーム情報の理解したいならこちらのサイトです。

しかし、パテの扱いに慣れてない方が行うと中々均一に塗ることができず、時間がかかり、仕上がりも荒くなりやすいというデメリットがあります。

目立つ部分はパテで丁寧になおし、目立たないところはシールで対応するといったように、両者を使い分けするのも選択肢の一つです。


関連リンク

  • 普段、傷つかないように注意しているつもりでも、物を落としてしまったり、子どもが家具を引きずったりして知らず知らずのうちについてしまうフローリングの傷。自分でやるにはどうにもならないくらい広い範囲に傷がついてしまっている場合や、深くえぐれていて自分でなおせる気がしないような場合以外なら、自分でフローリングの修理を行うのも選択肢の一つです。...

  • 水回りやよく使う場所を中心にフローリングを修理することが必要になる場合があります。特にシロアリなどの虫の害が生じたり、湿気を帯びやすくよく使うところで踏むと沈み込んだり音がしたりするようになります。...